デビットカードとは?

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードは、銀行の預金残高の範囲内で、支払いができます。それ以上の買い物はできません。即時決済なので、残高が足りないと、品物を購入することができなくなります。
クレジットカードは、商品の代金を後で払えばいいので、現在預金残高がない場合でも、使用することができます。決済日までに使った分の金額を、口座に入金しておけばいいのです。
支払方法も違います。
デビットカードは、一括払いだけです。クレジットカードは、一括払い、分割払い、リボ払いから選択できます。
発行元も、デビットカードは銀行で、クレジットカードはカード会社です。デビットカードの場合は、キャッシュカードとセットになっていることも多いです。
さらに、審査がない点も、デビットカードが作りやす理由となっています。クレジットカードは、収入によって、発行を拒否されることがあります。

デビットカードの利用方法

デビットカードは、クレジットカードと同じように利用できます。年齢も、中学生以外の15歳以上なら、だれでも申し込み可能です。インターネットショッピングでも、使えます。使い方は、クレジットカードの記入欄に、デビットカードの番号や使用期限を書くだけです。本人認証機能を用いれば、より安全にショッピングができるようになります。
なお、デビットカードを利用しない支払方法もあります。ネットショッピングを利用した際に、コンビニ払いにしたり、品物によっては、インターネットバンキングから引き落としたりすることも可能です。
それでも、デビットカードが使い勝手がいいことには変わりありません。買い物をしても、預金残高以上は利用できないので、無駄遣いが減ります。国内のショッピングはもちろん、海外のATMでも利用できます。ショッピング保険や盗難保険もついています。
もしクレジットカードの審査に落ちたなら、デビットカードを作って、その代用としましょう。