デビットカードの賢い使い方とは

ネットバンクは預金の引き出しにお金がかかる

インターネット専業銀行には、一般の銀行と比べて預金金利が高い、あるいはほかの銀行に振り込む場合の手数料が安いといったメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。たとえば直轄のATMがないというものが挙げられます。対応策として、他行やコンビニのATMから引き出せるようになっていますが、当然、ネットバンクからATMを運営している会社に手数料を支払わなければならず、そのため、一定回数の引き出しであれば手数料は無料になっていても、その回数を超えると預金を引き出すごと手数料を取られる場合が一般的です。
なので、ネットバンクを給料の振り込み口座にしていて、商品を買おうとするごとに預金を引き出す場合は引き出し手数料がかなりの負担になってしまいます。

デビットカードを使うことで現金を引き出さなくても物を買える

そういった場合に有効なのがデビットカードです。デビットカードとは店にカードを提示することで預金から即時引き落としがかかり、料金が支払われるという仕組みになっていて、クレジットカードに使い勝手が近いです。デビットカード決済を導入している店が多くないという欠点がありましたが、最近はクレジットカード番号を使えるようになっているものが増えてきて、クレジットカードが使える店であれば、基本的に利用できるようになってきています。なので、デビットカードを作って活用すれば、買い物のたびに銀行からお金を下ろす必要がなくなり、無駄な手数料を支払わずに済みます。
クレジットカードと違い、原則として発行審査がなく、年齢制限はあるものの申し込めば誰でも作れるのも魅力といえるでしょう。

コンビニの決済代行のサービスは、通販サイトを利用する機会の多い消費者にとって、魅力的な決済方法として位置付けられています。